環境を考えた太陽光発電

太陽光発電は数十年前から日本でも導入されていますが、一般的な普及とはならず、まだまだせ設置台数が少ないのが現状です。しかし2011年の関東大震災の影響により電気の供給の見直しがされはじめてからは太陽光発電に注目が集まり、一般家庭でも導入台数を増やしているとのことです。 今後はゆるやかながらも設置台数を増やしていくことでしょう。

さて、そんな太陽光発電ですが、まだまだどういったものかよく分かっていないという人は少なくありません。太陽光発電とは、太陽の光を電気に変えるシステムです。自然エネルギーを使っているということで環境に優しいのが特徴で、また太陽の光は枯渇しないことから非枯渇エネルギー、制限なく利用できることから再生可能エネルギーとも呼ばれています。

そのため運転中は温室効果ガスを発生させませんし、木を10本植えた時と同じCO2削減効果もあります。システム自体も大部分がリサイクル可能となっているため、原料採鉱や精製、廃棄も最小限に抑えることが可能です。

仕組みとしては、ソーラーパネルで太陽の光を集めて発電します。ソーラーパネルは太陽光発電を導入している一般家庭の住宅屋根に設置されているので目にしたことがある人も多いでしょう。

これは太陽光を電気に変換する電力機器である太陽電池を数枚縦横に並列して作ったパネルです。太陽電池自体が電力に変換する機能を持ちますが、複数枚合わせることで高い発電力を有します。ここで発電した直流電流を自宅へ引き込み、一般住宅のコンセントで使える交流電流に変換して各部屋に分配することになります。

太陽光発電の設置に費用はかかりますが、発電自体は太陽の光を用いるため無料です。発電した電気が使えるうちは電力会社から電気を買う必要がないので電気代がかかりません。また、発電して消費しきれなかった電気に関しては電力会社が買い取ってくれますので、売電による収入を得ることもできます。

自らが電気の供給もできるということですね。環境に優しいのはもちろん、経済的にも優しいのが太陽光発電の特徴でしょう。

また、自身のエコ意識も高まると言います。発電モニターがついているため、毎日どのくらいの電気が発電できて、どのくらいの電気を消費したのかが一目でわかります。毎日チェックすることで家庭でどのくらいの電気が消費されているのかを目の当たりにすることができるので環境への意識向上に期待できるでしょう。

更新情報・お知らせ

recommended

納骨堂がもたらす意味とは
人によって様々であるからこそ、意味がある堂にできた事が

車買取の時に利用すべき一括査定サイトとは?
優良業者の特徴を比較して選ぶ

レーザーカッターの購入は販売実績ナンバーワンのコムネット
ものづくりの現場のお手伝いをします